ストレートに聞こう

恋人同士はお互いに心が通じ合っていると感じるもの。もともと気の合う二人が引かれあって多くのときを過ごしているのですからそれも当然です。たしかにある意味では心が通じ合っているのですが、それを「言葉で表現しなくても相手に伝わる」、と思ってしまったら大間違えです。考えていることははっきりと言葉で伝える必要があります。あなたの結婚願望のこともそうです。

でも、相手に伝えるときには、どのように言ったら相手にとって受け入れやすいかを考えなければなりません。先に良くない例を挙げてみます。「2年も付き合っているけど、結婚願望ってあるの?」これがダメな理由は、相手を責める口調になっていることです。上手にコミュニケーションを図るためには思いやりが大切。「ちょっと聞きにくいんだけど、結婚願望ってある?」の方が受け入れやすいでしょう。「ちょっと聞きにくいんだけど」と一言入れることで、相手は大切な質問を聞く心構えができます。また、あなたが「聞きにくい」ことを勇気を出して聞いた、ということで、質問に対して誠実に向き合わなければ、と思ってもらえるでしょう。

フランクに何でも話し合える関係であれば、「聞きにくいんだけど」の代わりに「ところであなたは結婚願望ってあるの?」という聞き方も良いでしょう。「ところで(相手の名前)は」という聞き方をすることで、「私はあなたの考えを知りたいのです」という、思いやりに近いニュアンスを醸し出すことができます。結婚願望の有無は、二人の人生に関わるとても大切なことです。こんなに大切なことは、はっきりと言葉を交わして確認し合いましょう。